ブログはこちらから♪

伴奏オーディションのシーズンです

松波本校、りら先生です^^

昨年はコロナウィルス感染拡大防止のため、ということで学校行事もほとんどなくなってしまい、毎年生徒さんたちと練習する、音楽会の楽器オーディションなどもありませんでした( ノД`)シクシク…

でも、今年は音楽会が開催される予定のようですね♪
伴奏者オーディションにチャレンジしたい!という生徒さんが、今週はたくさんいましたよ^^

同じ学校で同じ学年の生徒さんも多いので、全員が合格!というのは難しいですが、このようなチャレンジをやってみよう!と思う気持ちが本当にうれしく思います^^

もちろん、『他の楽器のオーディションを受けたいから、ピアノのオーディションは受けへんねん。』という人もいれば、『特別な楽器をやって目立つのは嫌。』という人もいます。

みんなそれぞれの思いを持っているんですね。

ピアノレッスンでは、ソロか連弾で音楽を楽しんでいることが多いですが、音楽会のようにみんなでアンサンブルする、という経験はとても楽しいものです。

中学生になったら、合唱コンクールはありますが、保育園、幼稚園、そして小学生のような音楽会はありません。

吹奏楽部にでも入らないと、ピアノ以外の楽器の演奏を経験するということは人生においてこの先ないかもしれません。

アコーディオン、木琴鉄琴などといった人気の楽器はもちろんですが、リコーダー、鍵盤ハーモニカだって、みんなと合わせて演奏するという経験はとても貴重なものです。

みんなが希望の楽器や希望のパートで、楽しくアンサンブルする経験ができたらいいな♪

りら先生も、みんなのチャレンジを全力で応援します!

学校で楽譜をもらった人は、レッスンに持ってきてくださいねヾ(*´∀`*)ノ



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です